オンラインカジノ バカラ 攻略法

オンラインカジノシークレット   William Hill Casino Club 日本語

バカラ攻略法


 バカラのルールは思った以上に簡単です。ディーラー側のカードとプレイヤー側のカードのうちどちらがより9に近くなるかが賭けるだけです。

しかし本場のカジノではキングオブカジノ呼ばれているほど歴史は古く昔から大金持ちのギャンブルといわれています。(ちなみにバカラとはイタリア語の”ゼロ”を意味する言葉)

前置きはこのぐらいにして攻略法の話をします。
バカラのルールは簡単であるため攻略法も難しくはないというか簡単です。しかし決め手が無いのが悩みどころですが必要最低限のことは知っておくことが重要です。

               1.バンカーは有利か?
               2.タイ(引き分け)には賭けない?
               3.出目表を付ける
               4.バカラ格言    
               5.管理人必勝法
               




1.バンカーは有利か?

 バンカーの方が勝てるような気がするのはなぜだろう?5%のコミッションがあるから?それは結果として設定されたに過ぎません。。とくにプレイヤーとバンカーの3枚目のカードを引くルールを比べてみよう。6が出たときのリアクションが違っていることに着目して下さい。

 プレイヤーが6のときは常にスタンドであるのに対し、バンカーが6のときは3枚目のカードを引ける場合と引けない場合があります。このことはバンカーにとって約7%有利に働くといわれていわれています。この大きな偏りを減らすために、バンカーへ賭けたときの勝利に対してコミッションが取られるです。参考に3枚目カードを引くアクションを記載しておきますがオンラインカジノの場合勝手に進んでいくので知らなくてもいいですが・・・・・・・。
:
プレーヤーの手:
プレーヤーの2枚のカードの合計 プレーヤーのアクション
1-2-3-4-5-0 バンカーが8又は9のナチュラルではない場合は、カードを引く
6-7-8-9 スタンド

バンカーの三枚目のカードルールはプレーヤーに配られる三枚目カードによって決定。
バンカーの2枚のカードの合計 バンカーのアクション
0-1-2 プレイヤーが8又は9のナチュラルではない場合は、カードを引かなければいけない9
7-8-9 スタンドしなければならない

バンカーの手が3から6の場合:
 バンカーの手 プレーヤーの3枚目のカードが以下の時、カードを引く: プレーヤーの3枚目のカードが以下の時、スタンド:
3 1-2-3-4-5-6-7-9-0 8
4 2-3-4-5-6-7 1-8-9-0
5 4-5-6-7 1-2-3-8-9-0
6 (プレーヤーが3枚目のカードを引かない場合にはスタンド) 6-7 1-2-3-4-5-8-9-0

 さてこのコミッションに相殺された後、バンカーの有利さはどのくらいになるのか。プレイヤー、バンカーのハウスアドバンテージで見ると、結果だけ見ると、プレイヤーに賭けると1.4%分控除され、バンカーに賭けると1.2%分控除されます。コミッションを取られたにもかかわらず、バンカーに賭けたほうが少々有利ということです。

 しかし、ごくわずかな差です。ほぼどちらに賭けてもカジノに払う分は同じで、プレイによる勝ち負けを抜きにして考えると、賭け金の消費という点ではどちらに賭けても変わりはありません。




2.タイ(引き分け)には賭けない?

 タイに賭けると9倍の高配当で魅力的ですが、タイの出方には波があるため毎回賭けるわけにいきません。ル-レットの0や00のように忘れたころやってくるから厄介だ。
どのぐらいでタイがでるのか数えてみたら平均すると100回のゲームで約9回ありました。だから10回に約1回出るとは限らない。波があって20回やっても出なかったり続けて出たりと厄介ものです。

 実はタイで勝った場合の9倍の高配当も決して好配当ではない。なぜならこの配当は約14%も控除されているのです。プレイヤー・バンカーの賭けと合わせて賭けるならば、毎回掛け金の15%以上も損をすることになります。

バカラは基本的に二社択一のゲーム。他のゲームに比べ、高額な掛け金でゆっくり勝っていくゲームだから、タイに賭けなくとも十分楽しめるはずです。

結論としてタイ(引き分け)には賭ける必要はありません。ルーレットの0,00と違ってタイになっても掛け金は戻ってくるのでタイ(引き分け)の存在は忘れても良い。




3.出目表を付ける
 
 バカラでプレイする際には必ず出目表を付けて欲しい。
バカラは本当に単純なゲームです。特別な賭け方もない。だからこそプレーヤー自信のカント経験と運をよりどころとするゲームで、それらを最大限に引き出す手がかりとして出目表は必要なのです。
 
 出目表に書き方などはないため、自分が分かりやすいように書いていけばよい。出目表をつけるポイントとして、まず自分が出目のどこにポイントを置いているか。例えばプレイヤーとバンカーの勝った数を知りたいのか、連勝した回数を知りたいのか、10回、20回と区切って勝ち数を見たいのか、プレイヤーの考え方次第です。自分で分かりやすい表を作って欲しい




4.バカラ格言
 
 冒頭にも書いたがバカラは古くから世界中のプレイヤーに好かれているゲームです。したがってバカラ研究家なるものがいて様々な方法が考えられてきました。しかしこれといって決め手になる攻略法はないといっても良いが、必勝法となるものがまだ存在するのでこれをヒントとして自分なりに考えてみるのも良いでしょう。場合によってはすばらしい攻略法が見つかるかもしれません。

①約60ゲームで長い連続勝ちが1回はある
  長い連続勝ちが必勝のコツとはいうが、これでは少し漠然としています。5回、10回、19回連続プレイヤーが勝ちなどというのもあったらしいが管理人は最高で12回連続して勝ちしかお目にかかったことはない。
 連勝する確率は以下表のようになります。例えば6連勝は64回に一回はある、10連勝は1024回に1回はあるという計算になります。 
連勝確率                          (タイは考えない)
1連勝 2連勝 3連勝 4連勝 5連勝 6連勝 7連勝 8連勝 9連勝 10連勝
1/2 1/4 1/8 1/16 1/32 1/64 1/128 1/256 1/512 1/1024

②7の法則
 連続勝ちの法則から受けた法則ではないでしょうが、7の法則とは同じサイドに6回続くとサイドが変わるという経験則です。7回目でだめなら8回目、8回目がだめなら9回目とスライドしてくものです。

またこの7の法則にはバリエーションがあり、同じサイドではなくても、プレイヤーとバンカーが交互に勝つパターンであったり、一定のリズムで勝つパターンであったり、そのパターンが6回続けば7回目には逆サイドに賭けていく法則です。これはルーレットでも利用できる法則です。

③僅少差はツイている
 プレイヤーに賭けて1が出た。3枚目に絵札が出て誰もが「負けた」と思うだろう。ここでバンカーがバカラ。こんな時はツイテイルとか。




5.管理人必勝法

 管理人の必勝法は、バカラ格言の7の法則を利用しています。管理人の攻略法でルーレットをベースに記載していますがこれをバカラ用にして、赤・黒をプレイヤーとバンカーに置き換えて欲しい。しかしルーレットのように奇数偶数等ないため、気長にパターンが来るのを待つことを覚悟しておいて欲しい。

6.管理人おすすめカジノ
長年カジノで遊んできて一番安心して遊べるのはウィリアムヒルカジノです。管理人経験談
いくつものカジノを体験しましたが最終的にはウィリアムヒルカジノに戻ってきてしまいました。
勝つためには落ち着いてプレイできて信用あるカジノで安心して遊べることが重要ですから、
ウィリアムヒルカジノは管理人の一押しです。
是非遊んで見てください。

Copyright (C) 2014 オンラインカジノシークレット. All Rights Reserved
SEO [PR] ܂Ƃ߃[ Windows7 ₦΍ f ^T[o[ Cu`bg SEO